アンテナ工事も街の電器店に依頼可能です

大阪府東大阪市在住・キューピーさん(男性・68歳)のアンテナ工事体験談

工事の概要 2階の屋根に屋根馬を設置し、UHFアンテナ2本を立てた
アンテナ工事費用 35,000円
一般的なアンテナの設置なのに35,000円はかなり高いですね!
アンテナ工事シェアNo.1で格安料金「アンテナ110番」解説記事はこちら。

台風がきっかけで、地デジ用アンテナに建て直しを依頼

猛烈な台風が来た時に、3階のベランダからポールに取り付けて立てていたアンテナ(VHF)に電線が引っ掛かり、電力会社に来てもらい、外してもらいました。

テレビがアナログ放送の時代に使っていたVHFとローカルのUHF局用のアンテナをデジタル化後もそのまま使用していました。(デジタル化してすべてがUHF帯になっても、元々のUHFアンテナで受信できていた。)

またこれからも強烈な台風が襲来して同じ事が生じるのも嫌なので、これを機会にアンテナも新しく、UHFアンテナ2方向の大阪の標準仕様で建て直してもらおうと考え、依頼したものです。

馴染みの街の電器屋に工事を依頼

アンテナ工事は、量販店等の仕事をこなしている専門業者さんがある事は知っていましたが、馴染みの近所にある街の電器店に依頼する事に決めました。

この電器店と量販店を品物によって使い分け、工事が伴うエアコン等は、後々のメンテナンス等の事を考え、街の電器店を利用しており、今回も今後の事を考えて街の電気店にお願いする事にしたものです。

ちょっとしたメンテナンスの工事等が必要な時には、専門業者さんを探して依頼するより、すぐに依頼に行ける街の電器店の方が何かと便利で、アンテナ工事もこれを重視して依頼したものです。

依頼から工事までは1か月半もかかった

依頼したのが大阪を猛烈な台風が襲った後だったこともあり、アンテナが不足しているとの事で、依頼から工事まで1か月半程度要しました。

工事は兄弟で経営している街の電器店の兄弟2人が来て行ってくれました。

我が家は半分が3階建てで、残りの半分が2階建てとなっており、電線が走っている道路から離れている2階部分の屋根の屋根馬にポールを立てて設置してもらいました。

2階の屋根まで長い梯子を掛け、2人が協力して手際よく作業をこなしてくれました。

アンテナからのケーブルは、住宅内の壁に仕込まれたケーブルとの接続部分のターミナルに繋ぎ、テレビの映りをチェックして問題がない事を確認して終了しました。工事に要した時間は1時間半程度でした。

大阪の標準アンテナ工事は一律料金?

馴染みの電器店の人なので、工事に来る人がどんな人かという心配もなく、その点では安心して工事してもらう事が出来、作業もスムーズで何の問題もなく終了して満足しており、不満な点は特にありません。

費用は事前に確認していたのですが、大阪の標準の2方向アンテナを立てる工事は、一律3万5千円+消費税と決まっているという話をされました

工事内容によって、労力は異なるでしょうし、街の電器店の料金システムとしては、もう少しあいまいでケースバイケースだろうと推定していたので、一律料金に設定されている事が少し意外でした。(パナソニックの系列店でのアンテナ工事の話かもしれませんが)

我が家のアンテナ工事は、アンテナの立て方も標準的なもので、一律料金で納得できる工事で、この点でも納得できるものでした。

馴染みの電器屋がある人は、そこに頼むのもおすすめ

テレビを新規に購入した時には、それに付随してアンテナ工事をしてもらう事もあるでしょうが、アンテナ工事だけを依頼する事は意外と少なく、どこにお願いすべきか迷われる方も多いでしょう。

ネットで「アンテナ工事」「市町村名」で検索すると、専門業者がヒットし、街の電器店がヒットする事はないでしょう。

しかし、街の電器店でもアンテナ工事は引き受けてもらえるので、馴染みの電器店がある方は、そこに依頼する方法もある事を知っておかれると便利です。

料金は別にして、知らない業者さんより、知っている電器店の方が工事してくれる方が安心だと言う方は少なくないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です